Blogブログ

2次相続シミュレーションの重要性

はいさい!

沖縄県那覇市の相続税・事業承継専門公認会計士・税理士・不動産鑑定士の石川浩之です。

相続税の場合、配偶者は1億6,000万円まで相続税が掛からないと言う話を聞いたことがあると思います。

しかし、安易に配偶者に財産を多く取得させると後で高額な相続税が掛かる場合がありますので簡単に説明致します。

最初にお亡くなりになった方の相続を1次相続、配偶者がお亡くなりになった時を2次相続という言い方をします。

2次相続シミュレーションとは、1次相続の際に配偶者がどのくらいの割合で財産を取得したら相続税が安くなるのかをシミュレーションすることを言います。

前提
財産1億6,000万円
相続人2人(配偶者+子1人)
配偶者の財産3,000万円
配偶者の相続まで財産の変動無しを仮定
と簡単な設例を用いて説明します。

細かい計算過程については省略させて頂きますが、1次相続の相続税は2,140万円となります。

その後、実際に財産を取得する割合によって、相続税を案分すると言う仕組みになっております。

したがって、子供が全額財産を取得すれば子供が納付する相続税は2,140万円になりますし、配偶者と子供が半分ずつ財産を取得すれば相続税は1,070万円ずつ割り当てられる為、配偶者は1,070万円の相続税が割り振られた後、配偶者の税額軽減という税制優遇により納税が0円になります。

その為、仮に配偶者が全財産を取得したとすると、一旦2,140万円の相続税が配偶者に割り振られた後、配偶者の税額軽減という税制優遇により納税が0円となります。

目先の納税が0円だと確かに嬉しいですよね。

しかし、配偶者の方が全財産を取得後、将来配偶者に相続が発生した場合はどうなるのでしょうか。

配偶者の方が元々持っていた3,000万円に1億6,000万円が加わる為、財産の合計が1億9,000万円と増えてしまう為、子供は4,460万円と高額な相続税が掛かります。

1次相続で子供が全財産を取得していたら2,140万円の相続税でのみで済んだ為(配偶者の2次相続は相続税0円)、じゃあ配偶者はどのくらいの財産を取得しておけば子供に多く財産を残すことが出来るの?というのが2次相続シミュレーションです。

上記の図によると、1次相続の時に配偶者が10%の財産を取得していれば、1次と2次の相続税のトータルが2,026万円と最小でした。

何も考えずに目先の相続税を0円にした場合の4,460万円と比較して2,400万円以上変わってきます。

また、土地の取得によって小規模宅地の特例(土地の評価額が最大8割減になる税制優遇)の適用や相続税対策、相続後の所得税対策等も踏まえて提案しなければならない為、一般の人や相続税に慣れていない税理士の先生には難易度が非常に高いです。

餅は餅屋と言う言葉がある通り、このような難しい提案は相続専門の税理士に依頼して頂ければと思います。

当事務所は、2次相続シミュレーションは10万円の有料オプションとなっておりますが、シミュレーション次第で何百万も何千万も相続税が変わってくる為、相続人に配偶者が居る場合は是非活用して頂きたいサービスです。

2次相続シミュレーション以外でも、「こんなに凄いサービスが、こんなに安く受けられるの?」とお客様に感動して頂けるサービスを提供しております、相続発生後のご相談は初回無料の為、分かりやすさNo.1!顧客満足度No.1!のサービスを是非体験してみて下さい!

Contact Form問い合わせフォーム

必須お問い合わせ内容
必須お名前
電話番号
必須メールアドレス
面談ご希望日時
※ 当日及び翌日のご予約の場合や、選択項目に無い日時をご希望の方はお電話にてお問合せ下さい。
※ ご希望に沿えない場合もございますので予めご了承ください。
※ 初回面談については、通常60~90分程度かかります。

第一希望


第二希望

ご相談内容(自由記述)
※ 個人情報取り扱いについては、当事務所利用規約および個人情報保護方針をご参照下さい。
※ 内容によってはお答えできない場合がございますのでご了承ください。
※ 1週間程度経っても返事が届かない場合は、大変お手数ですが再度お問い合わせください。